探偵とラブホテルの切っても切れない関係

今までラブホテルにどのくらい行ったのだろうか?

残念ながら当然個人的ではなく、探偵としてですが…

今までいったい何回ラブホテルに行っているんだろう

だいたい月に平均で5回くらいはラブホテルを利用しての証拠撮りを行なってるので、年にすると約60回くらいは行ってるかな?と思います。

当社は設立10年目なので、設立当初からすると600回以上はラブホテルに行っていることになります。

探偵なので証拠を撮るのが仕事なので当たり前といえば当たり前ですが、あらためて考えるとちょっとびっくりです。

それにその前の探偵の下積み時代を入れるともっととすごい回数になりそうです。

経験は浮気調査を有利にするんですね

日々の浮気調査でラブホテルの利用が増えていくと、ラブホテル一軒一軒の出入り口の数や、撮影ポイント、この道を進めばあのラブホだななどがわかってくるので、浮気調査を進行して行くにはかなり有利になります。

何事も経験は大切な宝物ですね。

経験を生かせる浮気調査は全体の約90%以上

世の中どんなけ浮気者ばかりなのか?と思うほど、依頼いただく約90パーセント以上が浮気調査です。

ちなみに残りの10パーセントは(人探し・結婚詐欺案件・盗聴発見・企業調査)などの依頼になります。

なぜこんなけ浮気調査が多いんですかね?

やはり詐欺や盗聴発見などと比べれば、浮気は一番身近な問題であり直面される方も多いため、自然と浮気調査が多くなっているのかなって思います。

なので探偵とラブホテルは切っても切れない関係というくらい、関わりがあります。

また、書きます。