浮気調査を探偵事務所に依頼する前にご自身で出来ること

最近夫の帰りが遅いけど浮気?妻が容姿を気にするようになったけど浮気?一度浮気を疑いだすと止まらなくなり、気持ちがいっぱいになり問い詰めてしまわれる方も多くいます。

浮気してる本人は認めないものと思う

偶然、夫や妻の浮気を見つけてしまって、気持ちまかせに問い詰めても浮気している張本人はきっと認めないでしょうというか、認めたくないことでしょう。

出来ることなら認めず、問い詰められている一刻も時間が早く過ぎ去り平穏な時間に戻らないかなっと心では考えてるのでは?と思います。

一方の浮気をされた方は何としても浮気を認めさしたい!と追及の手を休めることはありません、ですが頑なに認めない浮気者たちの前では、追及も太刀打ちできないのではないでしょうか、これでは悔しくて腹立たしい限りです。

なぜ素直に浮気を認めないんでしょうか

推測するに認めてしまうと、結婚している方は離婚になるかも知れない、交際関係にある方は関係が終わってしまうかも知れないと考えるのではないでしょうか?浮気を認めた後の対応はパートナーによっては許してくれたり、別れを告げられたりと様々です。様々でどうなるかわからないからこそ認めることができないのではないかと思います。

浮気に悩んでる時の探偵事務所の活用法

探偵事務所への浮気調査のご依頼は、必ずしも離婚のための証拠収集など人生を左右する大切なことばかりではありません。離婚を選ばなくても、彼氏(彼女)と別れることを選ばなくても、以下のような理由でのご依頼も多くあります。

  • 離婚のための浮気の証拠収集
  • 離婚したいと言われているため離婚しないための証拠収集
  • 浮気相手に慰謝料請求するための証拠収集
  • 浮気相手の判明
  • 浮気しているかどうかの事実確認
  • 浮気を認めないパートナーの浮気の証拠撮り
  • 浮気相手の素性を調べる

など色々な依頼理由で探偵事務所が利用できるようになっていますので、もし浮気で悩んでいたり、苦しまれてる方は気軽に相談してみてください。

浮気調査を依頼する前に自分で出来ること

夫や妻が浮気しているかもと感じたら以下のことを一度チェックしてみてください。集めた内容によっては探偵事務所に依頼をせず、ご自身で解決できることもあります。

毎日の行動をチェックする

パートナーの毎日の行動を記録していくと、特定の曜日だけ帰宅が遅かったり、あやしいパターンがわかるかも知れません。また帰宅時間によっては浮気相手の住んでいる場所などが推測できるかも知れません。

車内・カーナビのチェック

車通勤しているパートナーや、休日車で出かけるパートナーの車内やカーナビをチェックしてみてください。もしかしたら浮気相手に関するものが出てくるかも知れません。

携帯電話・スマートフォン・パソコンのチェック

メールの送受信の履歴や、メールの内容、最近ではスマートフォンのアプリ(LINEやフェイスブック)で浮気相手と連絡を取るものもしますので必ずチェックしてみてください。また過去には浮気相手を男の名前で登録していた対象者もいましたので、チェックする時は内容もざっと確認した方がよいでしょう。パソコンは検索履歴などを確認しておきましょう。

財布のチェック

財布の中に残っているレシートは店名や場所・人数などを確認しましょう、またカード類(ホテルなどの会員証等)もチェックしておきましょう。

クレジットカードの明細の確認

ETCの履歴・クレジットカードの明細を確認しておきましょう。過去にはホテル代をカード払いにしていた対象者がいたり、浮気相手との食事にカードを利用したものもいましたので、場所や日時をしっかりと確認しておきましょう。

GPSを利用する

車で動くパートナーの車内にGPSを設置し、位置を確認することも出来ます。(参考:GPSの使用方法について

ICレコーダーを利用する

ご自身がいない自宅にICレコーダーを仕掛けておいたり、車内に仕掛けておくと、浮気相手との会話が録音できるかも知れませんので、ぜひ活用してみてください。

最後に見つけた証拠は残しましょう

パートナーのことをチェックし浮気の証拠が見つけた場合に、すぐに問い詰めずにまずはデジカメなどに写真を撮っておきましょう、もし撮っていなければ証拠がないのと同じになりますのでご注意ください。

最後に、ご自身で確認する場合は必ず気をつけて、絶対に見つからないようにしてください。もし見つかってしまうと相手に警戒心を与えて浮気の証拠が撮れなくなります。

ピアレス探偵事務所
2008年設立の横浜の探偵事務所です。日々男女の浮気問題から結婚詐欺・盗聴発見など様々な問題解決に全力で取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です