盗聴器・盗撮器発見

盗撮器や盗聴器は、1日数百個と販売されており、今では誰でもインターネットや秋葉原などで気軽に購入できます。また最近はこういった機器の形も様々で、実際の見た目ではほとんどわからないような物まで出てきています。

こういった機器の使用目的は、個人的(元交際相手や自分の欲求のためなど)な利用から、企業内の情報収集など様々です。また情報を盗むために仕掛けられた盗聴器などで、家庭用電源を利用する機器などは、その物が故障でもしない限り半永久的に盗聴電波を飛ばし続けています。

盗聴電波は第三者に発見される危険もあります

盗聴器・盗撮器は電波を飛ばし続けているので、実際に仕掛けた犯人以外の第三者が電波を発見する可能性が出てきます。そうなるとあなたの大切な個人情報はとめどなく広がっていくということです。

実際に私たち探偵が受信機の電源を入れて(よくテレビなどでやっている光景です)街中やホテル街を車で走ってみると、仕掛けられている場所や盗聴器の周波数は様々ですが、だいたい数個程度を発見することがあります。

盗聴犯は意外と近くに潜んでいたりします

盗聴・盗撮する目的は元交際相手を監視したり、情報収集のために会社内に設置したりと様々です。また盗聴犯が受信に使用する機材によっても変わってきますが、電波の届く範囲である盗聴犯は半径100メートル以内の車内などに潜んでいる事が多く、またより音声をクリアに聞くために意外と近くのコインパーキングや路上駐車が多い場所にいるのが実情です。よく自宅近くで同じ人や車を見る場合は注意が必要です。

盗聴発見調査に関する良くある質問!?

Q盗聴発見は即日対応できますか?
Aはい、ご相談いただいた当日に対応することも可能です。ただし他の調査の混み具合によっては、希望時間を変更していただくか、後日対応させていただく場合があります。
Q依頼するには事務所に行かなければダメですか?
A盗聴発見のご依頼は、担当者がご指定場所(調査をおこなう場所)まで直接お伺いしていますので、事務所に来ていただかなくても電話またはメールでお申込出来るようになっています。
Q近くに盗聴犯や不審な人がいないか確認できますか?
A当社では盗聴発見調査でお伺いする前に、付近の確認を必ずおこなっています。そこで不審な人物がいた場合には撮影などをおこない確認いただいてます。
Q来ていただくにあたり、いかにも探偵業者とわかりますか?
A調査員がお伺いする時は、周りの住民及び関係者から見ても探偵業者とはわからないような服装を心掛けています。もし探偵社名の入った上着を着ていき、盗聴犯に見られてはどうしようもありませんので、一番気をつけているところです。
Q部屋全体を調べてもらえますか?
A盗聴器は日々進化しており、様々な形ものがあります。当社では、盗聴発見専用の機器での調査の他に、盗聴発見専門の調査員が目でもしっかりと部屋の隅々まで確認していきます。

主な盗聴器の種類

電池式
盗聴器を動かすために本体に内臓バッテリーまたは乾電池が取り付けられており、それによって電波を発します。このタイプは設置場所から電源を供給しない為、どこでも設置が可能になりますが、電池が切れれば動かなくなります。
寄生式
盗聴器を動かすために、家庭用のコンセント等から電源を得て盗聴電波を飛ばします。このタイプは取り外すか故障しない限りずっと盗聴電波を飛ばし続けます。

主な盗聴方法

直接式
壁越しに会話を盗聴するコンクリートマイクやICレコーダーを仕掛けて後日回収し会話を確認する方法です。このタイプは電波を発しないため、実際に目で見て確認する必要があります。
有線式
盗聴器と受信機を配線で繋いで会話を盗聴する方法です、このタイプは見つかる可能性が高いためあまり使われることはないように思います。
無線式
室内などに仕掛けた盗聴器から無線で盗聴電波を飛ばし、離れた場所で受信機を用いて聞く方法です。このタイプの盗聴器が一番販売されているのではないのかと思います。

盗撮器・盗聴器の料金表

集合住宅 ¥ 30.000~(例:1ルームの場合30.000円)
戸建住宅 ¥ 45.000
企業様 ¥ 55.000
神奈川県内は交通費無料・24時間土日も対応中です。(要予約)

24時間365日ご相談・お見積り無料 TEL:0120-145-007 ご相談・お見積りはこちら

^