辞めた役職者から引き抜きにあった事案

状況・背景等

依頼者:横浜市の企業様
対象者:複数人
調査種別:行動調査・録音・証拠収集

ご依頼者者は、神奈川県横浜市に拠点がある某企業様。会社を約20年前に設立されてから、その業界では名が知られており、従業員数は約200名弱の会社でした。

なにごともなく営業されていたそうですが、約半年前に代表者と折り合いがあわない役職者が退職することになったそうです。元役職者を慕うものもいたそうで、20人程度のちょっとした派閥のようなグループが社内にはあったようです。

その役職者が辞めてから2か月後に、若干時期の違いはありましたが、そのグループ内の従業員2名が突然辞めたようです。その辞めた従業員は社内では重要な技術者であり会社としての損失は大きかったようです。

辞めたことで「もしかして?」と思い、他の従業員に聞くと不確かなことでしたが「元役職者が会社を立ち上げ、もしかしたらそこに行ったのかも?」とのことで、ご相談に来られました。

懸念されること

  • 辞めた従業員が元役職者の会社で働いているか
  • 元役職者が他の従業員と接触していないか

辞めた従業員が元役職者のもとへ行っているのではないか?今後も他の従業員を引き抜かれるのではないか?また取引先を取られるのではないか?技術の流出など様々な懸念材料がありました。

実施した調査

  • 元役職者及び元従業員の行動調査
  • 元役職者の会社へ出入りする人物の撮影及び特定
  • 今後辞める可能性がある従業員の行動調査

まずは辞めた従業員が現在どこで働いているかを判明させ、元役職者及び元従業員が他の従業員と接触していないか?の調査を実施しました。また元役職者の会社へ出入りする人物の撮影及び特定も同時に行いました。

飲食店での会話の録音

元役職者の素行調査を実施していると、元従業員も含めて複数人で飲食店に入ることが多々あったため、店内でどういった会話をしているか?を録音しました。後日録音内容を確認すると、複数の従業員の名前が出ていたことが確認でき、後日食事会を開くことや取引先のことなどがわかりました。

調査結果

当事務所としては、撮れるものはすべて撮影し、その他会話の録音や出入りする人物の終始撮影などおこない、弁護士事務所と協力しながら集められる証拠は集めました。

その結果、元役職者は同じ業種の会社を立ち上げており、自分を慕っていた従業員等を一気にではなく徐々に引き抜こうとしていたことがわかりました。

様々な証拠収集に対応いたします

当事務所では、必要な証拠を必要なだけ、様々な調査方法を駆使して収集致します。もし懸念される事案や証拠が欲しいなどありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談はこちらから

24時間いつでもどうぞ 無料相談はこちら

^