結婚相談所で出会った男性に500万取られた事例

状況・背景等

依頼者:男性30代後半(横浜市在住)
対象者:女性30代前半(夫)
こども:あり

共働きの女性からのご依頼~夫はシフト制の仕事で勤務体系はバラバラでしたが、夫のスマホを見るとゲームアプリのチャットでの女性とのやり取りから会う日があらかじめわかったため、その日に調査を実施することに…

専業主婦の方からのご依頼~ここ最近夫が「残業だから」とほぼ毎日終電近くで帰宅します。最初は信じていましたが、もしかしてと思いスマートフォンを見るとロックされていなかったのがロックされていて疑惑が深まり依頼することに…

共働きの女性からのご依頼~子供が20歳の誕生日を過ぎたころ、何も言わずに夫が家を出ていったそうです。後日夫からメールで「離婚して欲しい」とだけ来たそうです。昔から浮気癖があった夫だったので、離婚するなら証拠と思い依頼することに…

ここ最近、奥様の方から「仕事が終わらないから会社の近くのホテルに泊まる」と外泊するようになったようです。最初は自宅から遠い職場なので仕方ないことだと思っていたようですが、同僚男性に「男と泊っていたりして」と言われたことをきっかけに、心配になり浮気調査のご依頼に来られました。

調査を外さないためにしたこと

ご相談者からのご要望で、どうしても予算以上は掛けたくないとのことでしたので、奥様が泊まることは当日の朝にいつも伝えられる様でしたので、調査日はそのことを伝えられた当日(絶対に外泊する日)に設定することにしました。

※ただ当日の調査は、他の方の予約状況によっては出来ないこともあることを旨をご説明し、予算内で収まるならとご納得のもと了承を得ました。

お願いしたこと

調査日が当日でなければわからなかったので、奥様から外泊を伝えられた日の服装と持ち物だけはしっかりとチェックしておいてくださいと、当事務所からお願いさせていただきました。

実施した調査

事前に奥様の容姿や雰囲気だけを確認しておき、当日は奥様の退社時間の少し前よりスタートした。終電間近に会社から男性と出ると、近くのビジネスホテルに入ると一部屋に二人が入って行くところが確認できた。その後再び出ると飲食店で食事後に再びホテルに二人で戻る所が確認できた。

費用を抑えるためにできたこと

  1. 夜間は調査を中断し、調査時間を削った
  2. 浮気相手の写真をその日に確認してもらった

依頼者と相談の結果、シティホテルということもあり泊まるものと判断し夜間は調査を中断し、調査費用を押さえることにした。また、その日に撮れた男性の写真を依頼者に確認したところ、同僚男性で名前もわかり年賀状から住所もわかるということだったので、次の日はホテルから出たところで調査を終了することにした。

得られた結果

  • 浮気相手の顔写真とツーショット写真
  • ホテルへの出入り

調査日を当日に決めるということで、調査当日に浮気相手との写真や不貞の証拠となるホテルへの出入りが十分撮れたケースであった。

料金の目安

期間 2日
費用の目安 ¥150.000

この調査のポイント

当日に調査を決めることで、調査を外すことを避け費用を抑えられた、また調査当日に撮れた写真をすばやく確認してもらうことで、相手の判明へと繋がり、結果的に予算内での調査が可能となった。

こちらもご参考にしてください。

^