わずか3日間の浮気調査で200万円

先日、ご相談に来られた方から「3日間の浮気調査を依頼したら、200万以上かかりますか?」というようなびっくりする質問をもらった。詳しくお話を聞くと、その方は他社に相談に行かれて見積もりを上げたそうだ。

その見積もりの内訳はというと、3日間(72時間)を調査員5名で入るというもので、この72時間は連日での調査ではなく、複数日に分けて調査してもいいようだった。

調査員1人単価(1時間6000円)はそんなに高くないのだが、たしかに計算すると200万以上の金額になるので、ちゃんとした見積もりということになる。

ただ疑問がある、それはこの調査で5名もいるのか?ということである。対象者は高齢者で移動手段は車は使わず徒歩のみであり行動範囲もそんなに広くない。

また相手女性もある程度わかっていたので、後は不貞の証拠を撮って、相手の居住先を確認しておくだけであった。

それと本当に72時間も必要なのか?である。あやしい日は決まった曜日であり、調査自体は8時間ほどであったので、指定日で調査しても2日の調査で16時間程度、1日で証拠が撮れれば8時間で済むのではないのだろうか?

上記の内容から調査員として必要なのは2〜3名で十分と判断し、当事務所でも見積もりをしてみると、1/5以下の金額となった。

もし200万以上で契約していれば、相手に慰謝料を請求したとしても大赤字で借金だけが残ったであろう。

安ければ安いほど良いものではないが、調査内容を見極めて、適正な調査員の人数で調査を行わなければ、下手をすれば借金を背負うことになりかねない。

72時間と聞くと長く感じるがわずが3日である、それに調査員5名と聞くと多い方が安心と思われるかも知れないが、これらは全て錯覚である。

たしかに探偵事務所に依頼すると高額というイメージがある。一昔前は探偵の料金ははっきりと決まっておらず、いわゆる相談員(営業担当)がお客様に会ってから決めていたので、普通に何百万という契約はざらにあった。

私が知っている中でも一番高額な契約は何千万円であった。営業力がすごいというか、家が買えてしまうくらいで、聞いた当時目が飛び出るくらいびっくりしたのを覚えている。

さて、今現在はどうかというと昔ほど高額だったり金額が決まってないといったことは少なくなったが、ホームページでは安く表示しておき、調査員の人数で高額にするという形に変わってきている。

(参考:ちなみに当事務所の料金はこんな感じである→料金表

調査の内容は一人ひとり違うから、調査員の人数も自ずと変わってくる、1人で十分なものから、多ければ多いほど良いものまで、ときに警戒している調査などは調査員の入れ替わりなどを入れると多い方が良いと思う。

こういったことは、ご相談の時点で詳しく話を聞き、予測できる動きによって調査員を調整していくのが、本来の見積もりではないだろうか?

当事務所ではそういったことを大切にしていきたいと思う。

それでは、また。

神奈川県横浜市を中心に地域に根ざした探偵調査を行う探偵事務所。ご相談者が抱える問題の根本的解決を全力でお手伝いしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です