本文へスキップ

浮気調査|証拠撮り・慰謝料請求・離婚など男女にまつわる問題

0120-145-007

ご相談・お見積り無料・秘密厳守

素行調査と行動調査浮気調査・証拠撮り・浮気相手判明

HOME / 浮気調査・不倫調査

浮気にはピークがあります

夫(妻)が浮気!?なんとなく浮気している気がする…今まで思いもしなかった浮気を目のあたりにして、離婚?それとも浮気を止めさして関係修復?これからどうすればいいかわからない、ですが今まで信じていたパートナーの浮気を突然知りショックを受けるわけですから、今後のことなんてすぐに決められなくて当然です。

ただ浮気にも、浮気相手と盛り上がっているピークというものがあります。このピークを逃すとホテルに行く回数も減り証拠が撮りづらくなってきます。まずは盛り上がっている時に証拠を撮っておき、その後のことは落ち着いてから考えてみてください。

浮気調査で言い逃れの出来ない証拠収集

過去の浮気調査依頼で多かった浮気のサイン

浮気のサインが出ていたら浮気の可能性大!

  • 家にいてもスマートフォンばかり操作している
  • 家にいてもスマートフォンを肌身離さず持ち歩く
  • 携帯電話がロックされている、またはマナーモードになっている
  • 最近、怒りっぽく、責められることが多くなった
  • 最近身だしなみに気を使い、友人と出かけることが増えた
  • 急に離婚または別居したいと言い出した
ご相談に来られる方の相談内容で一番多く出てくるのが「スマートフォン」です。やはり浮気相手との連絡手段で利用しやすく、LINEなど有名なものから、SNS(フェイスブック等)などのメッセージ機能で連絡を取り合っていたり、中にはゲーム内のチャットを利用していた対象者もいましたので、ロックされていたら特に浮気している可能性が大です。

浮気のサインをチェック

浮気を証明するために押さえておきたいこと

  • 対象者と浮気相手の顔が認識できる写真
  • 対象者が浮気相手と接触してからの二人の雰囲気など
  • ラブホテルや自宅への出入りの証拠写真

浮気・不貞の証拠

対象者や浮気相手の顔がわからなければどこの誰かわからず意味のないものになります、また浮気相手と接触すれば二人の雰囲気や行動記録も大切になります。中でも一番大切な場面はラブホテルなどへの出入の撮影になりこれらがしっかり撮影できると、言い逃れの出来ない証拠になります。

探偵が集める証拠

浮気調査のポイント(目的別)

夫婦関係を修復するための浮気調査

  • 浮気の証拠をもとに話し合う
  • 浮気の証拠を撮り浮気相手と別れてもらう
  • 浮気相手に慰謝料を請求する
  • 夫と浮気相手に二度と会わないように誓約書を書いてもらう
  • 今は修復希望だが、浮気が続くようなら離婚を考える
夫婦関係を修復したい場合の浮気の証拠の使用用途は上記のように、夫(妻)に浮気を認めてもらうことが前提であり、また今後浮気をさせないための対策としてになります。ただ夫婦間の関係修復は、相手の心も絡んできますのでとても繊細で難しい問題になりますので、夫婦修復カウンセリングなどを利用するのも一つの方法となります。

離婚したいと言われた時の浮気調査

もし相手から一方的に「離婚して欲しい」と言われているが、ご自身は離婚したくない場合は、浮気の証拠は大切なものになります。相手に離婚理由(不貞行為など)がある場合は有責配偶者からの離婚が認められない場合がありますので、どうしても離婚をしたくない場合は証拠があった方が、離婚は回避できるとともに、冷静に考える期間を得られるようになります。

※ もし相手が一方的に離婚届を出す心配がある方は、戸籍がある市町村の戸籍課に「離婚届不受理申出書」を念のため出しておいた方がよいでしょう。

離婚・慰謝料請求のための浮気調査

  • 浮気(不貞行為)があったという証拠収集
  • 浮気の証拠の1番優位に立てる回数を撮っておく方がよい
  • 浮気相手の(名前・住所・勤務先)を調べておく
夫(妻)の浮気が原因で離婚を決意した場合は、浮気が離婚理由になりますので、相手が「離婚したくない」と言っても離婚は手続きしていけます。また浮気の証拠をもとに夫(妻)や浮気相手に慰謝料請求することも可能になりますので、証拠はないよりはあった方がよいといえます。

24時間受付のメールフォーム 即日対応しています