いろいろな物差し

人それぞれ価値観は違い、自分の中の線引きというか物差しをもっていると思う。

探偵で言えば

依頼者によって、同じ浮気でもここまでは許せるけど、ここからは許せい。と、いった具合に一人ひとり許せる範囲はばらばらです。

中には浮気は許せるけど、嘘をついたことが許せない方や、浮気相手にお金を使ってるのことが許せない方がいるかと思うと、異性とどこかへ行くこと事態すべて許せない方もいます。

先日、とある会社内での揉め事?の調査を行いました。その方が言われるのは、絶対に相手がおかしい、どんなけ話をしてもわかってもらえない、なぜなんだろうか?と、本気で悩まれてました。

どんなけ話し合いをしてきても、お互いがおれないからなのか、揉めてばかりで、まったく話し合いにならないようです。

この話を第三者として聞いていると、お互いが折れたら話がつくのにと思うわけなんですが、当人同士はそのことに気づかず、相手が100%おかしいと思っているわけです。

これでは解決できないですね。

私が思うには、自分が持っている物差しは、生きてきた過程や、環境が違うので他人と違って当たり前だと思います。

違って当たり前の物差しを、他人に合わせるように強要するから話がつかないんですね。

これを恋人や夫婦で考えると、出会った頃は物差しが一緒のように感じて、運命の出会いだ!なんて思いますが、だんだん日がたつにつれて、物差しの違いに気づきはじめます。

そして喧嘩が増え、俗にいう性格の不一致という理由で離婚したり別れたりします。

折れることを知らなかった私は、バツ2となりいろいろ経験してきました。…今は反省していますが。

では、どうしたらよいのでしょうか。

これは私の考えですが、夫婦でやっていくには、相手の物差しを理解してあげることなのかなぁと思います。

なんでも自分の物差しに合わせようとはせずに、話を聞いてあげて、尊重してあげる。それにつきるのかなと思います。

自分の考えはないの!?男なら折れるな!と思われそうですが、それは別の話だと思います。

そんなこんなで3回目の結婚をしたわけですが、今度はうまくいくように、相手を尊重していきたいと思います。

それでは、また。

神奈川県横浜市を中心に地域に根ざした探偵調査を行う探偵事務所。ご相談者が抱える問題の根本的解決を全力でお手伝いしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です