真実を見て気づく気持ち

もしかして浮気しているかも知れない、でもそれがわかったとして、その後はどうしたらいいんだろうか、修復?離婚?自分の気持ちがわからないという方も多いのではないだろうか。

自分の気持ちがわからないから、相手に追求するのも、探偵事務所に依頼するのも躊躇してはいないだろうか。

はたまた、真実を見るのが怖くて放置してはいないだろうか。

このままでは良くない

自分の気持ちがわからないから、できることならなにもなかったように過ごしたいと時間だけが過ぎていき、その間に問題はどんどん悪化していくばかりである。

悪しき例として、問題を何年も放置した方がいた、結果はパートナーは浮気相手にのめり込んでいき、最終的に離婚して欲しいと切り出してくる。それから証拠を撮ろうとしても、相手は離婚の準備なのか、浮気相手とすら会わなくなった。

過去にこういった方がおられ、焦った相談者は連日浮気調査を依頼されたが、結果的に証拠はなく、自分の意思に反して離婚へと進まれた。

真実を見ること

こうならないためには、自分で浮気しているか探ってみるのも良いし、探偵事務所に浮気調査を依頼しても良い、どんな方法であれ真実を自分の目で見てみるとよいだろう。

例えば、相手から今日は遅くなると言われたら、それが本当かどうか確かめてみるといった具合に。

もし修復に傾いてるなら

仮に浮気していたとして、今までのように間接的に知っている状態ではなく、探偵事務所が撮る生々しい写真で真実を知ることになる。この場合は、どうしても見たものは頭に残るのでらもし修復に傾いてるなら相談員とよく相談して見るかどうかを考えた方がよいだろう。

三年の考える時間

もし浮気していた場合は、不倫があったことと、不倫相手を知ったときから3年が経過するまで慰謝料を請求できるので、逆に事実を知って証拠を押さえた後は、じっくりと今後のことを考えたり、次のステップのための準備期間がもてるようになる

焦らず

なにも探偵に依頼したから離婚や修復といった焦って結論を出す必要はなく、結果を見てから自分の気持ちを確かめたり、今後のことを考えたりして、自分自身で結論を出すようにすることが大切である。

証拠は最大の味方

浮気していた場合は、証拠があることによってあなた自身の立場が優位になることは間違いない。

それでは、また。

神奈川県横浜市を中心に地域に根ざした探偵調査を行う探偵事務所。ご相談者が抱える問題の根本的解決を全力でお手伝いしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。