自分で浮気の証拠を集める方法

探偵のように、ラブホテルなどへの出入の撮影は難しいと思います、でも自分で集めた証拠が一つでは弱くてもいくつかあれば強いものになります。

もし浮気に気づいたら

  • その場の勢いで問い詰めない
  • 怪しい行動は日記などにつける
  • 見つけたものはすべて保存しておく
  • なるべくなら別居はしないようにする

浮気に気づいても、その場の勢いで問い詰めず冷静に対処しましょう。もし問い詰めたりしてしまったら、相手に警戒を与えるばかりか証拠が消され真実がわからなくなるかも知れません。

1.普段の行動を日記につける

  1. 帰宅時間や休日出勤の有無をチェック
  2. スイカなどのICカード・車のナビ履歴をチェック
  3. 普段の下着や服装の変化をチェック
帰宅時間の行動パターン
対象者の中には、規則的に動くもの(決まった曜日や時間など)も多くいます、まずあやしいなと感じたら毎日の帰宅時間をチェックし、決まって遅くなる日がないか確認してみましょう。
スイカなどICカードとナビの履歴
対象者が電車移動(通勤など)の場合はICカード(スイカやパスモなど)の履歴を確認して見ると、もしかしたら会社とは関係のない所へ立ち寄ったりしているのがわかるかも知れません。また車の場合はナビの目的地設定の履歴や、地図上の履歴、ETCの履歴などを確認してみましょう。
服装などの変化をチェック
浮気相手と会うときは、お気に入りの服や綺麗な下着で会いたいものではないでしょうか?過去には浮気相手と会う日にはお気に入りの下着を必ず履いていく者もいたぐらいです。普段の下着や服装をチェックするとあやしい日がわかるかも知れません。

2.携帯電話(スマホなど)をチェック

  1. メール・LINEの履歴や送受信のチェック
  2. 写真フォルダやカレンダーをチェック
  3. SNSやゲームアプリのチャット機能などをチェック
  4. インターネットの履歴をチェック
浮気相手とは、必ず携帯電話で連絡を取り合っているものです。
もし携帯電話にロックがかかっていない時は、メールやLINEなどの履歴だけでなく、写真フォルダやSNSでのやり取りなどもチェックしてみると何か出てくるかも知れません。またインターネットの閲覧履歴は意外と消し忘れが多いものです、もしかしたら宿泊予約などがわかることがあるかも知れないのでぜひチェックしてみてください。

3.車を使うならGPSでチェックするのもあり

  1. GPSで1~2週間くらいの車の動きをチェックする
  2. GPSが何度も同じ場所で出た場合は時間と滞在時間をチェック

GPSで浮気を追う対象者が車で動くのであれば、探偵事務所に依頼する前に、自分でGPSを利用してどういった動きをしているのかなど調べてみると何かわかるかも知れません。GPSは当社でも格安にて高性能GPSのレンタルをおこなっていますので、ご利用方法などがわからない場合はお気軽にご相談ください。

見つけた証拠は必ず保存しておくこと

浮気証拠を見つけた場合は、メールやLINEは転送(証拠にならない)はせずに、その他の証拠も写真に撮って残しておきましょう。

何も見つけられなかったら

自分で集めたものは、たとえ確証に至らなくても探偵事務所に依頼する場合に役立ったり、費用軽減に繋がるような情報だったりします。だから浮気の確証が得られなくてもあきらめずに一度ご相談ください。

浮気証拠が得られたら法律事務所に相談してみる

浮気の証拠を見つけることが出来たら、一度それらをまとめて法律事務所へ相談に行き、「持っている証拠が十分か?」「これ以外に必要な証拠はあるか?」など確認してみましょう。最近では無料で相談できる法律事務所も増えましたので、ぜひ活用してみてください。

法律事務所のご紹介
ご希望の方には、弁護士事務所・司法書士・行政書士事務所の専門家を無料でご紹介していますので、お気軽にお声かけください。

こちらもご参照ください

^