ストーカー犯の特定から証拠収集

ストーカー対策と調査増え続けるストーカー・つきまといによる被害、テレビ・新聞などでもストーカー事件をよく目にするようになりました。最初は自覚がなくつきまとっていた者も、だんだんと気持ちが抑えられずエスカレートしていくストーカー犯も多くいます。これらは被害が拡大する前に適切な対応が必要になってきます。

つきまとい・ストーカー行為とは?

  • つきまとい・待ち伏せ・押しかける
  • 監視していることを告げる行為
  • 面会や交際の要求
  • 無言電話・連続した電話・ファクシミリ・電子メール
  • 汚物の送付
  • 名誉を傷つける
  • 性的羞恥心の侵害

ストーカー行為とは同一の者に対してつきまとい等を繰り返しおこなうことをストーカー行為と規定しています。詳しくはこちら『警視庁:ストーカー行為等の規制等に関する法律』をご確認ください。

ストーカー被害の例

  • 誰かにつきまとわれている、または元交際相手につきまとわれている
  • 携帯電話や職場に頻繁に無言電話がある(在宅を確認されている?)
  • 何度断ってもしつこく交際や復縁を迫られている
  • 自宅付近でよく元交際相手を見かけるようになった
  • 郵便物等がなくなっているような気がする
  • 複数の人間(集団)にストーカーされている気がする

ストーカー調査・対策の概要

(1)ストーカー犯の特定
つきまといやストーカー行為の被害にあっているが、どこの誰かわからない場合などは相手の特定をおこないます。
※ 過去の事例から見るとストーカー犯は警戒している場合などが多く、特定するには細心の注意が必要になりますので、危険ですのでけっしてご自身ではおこなわず、探偵事務所など専門家にご相談ください。
(2)ストーカー行為の証拠収集
つきまとい・ストーカー被害にあっている場合、警察に被害を届けて動いてもらうにも証拠が必要になる場合があります。当社では被害状況の確認からストーカー行為の証拠収集を徹底的におこない、証拠となるものを提出しています。また証拠を集めたあとは、最寄りの警察署などへの相談にご同行もおこなっています。
(3)ストーカー犯の素性の確認
ストーカー犯の行動パターン・普段の生活状況・勤務先などを詳しく調べることにより、相談者が気をつけるべき点(行かない方がよい場所や時間帯)などの対策をおこないます。
自分で出来る対策 ≫

警察署への届出も大切です

ストーカーの被害に悩まされている場合は最寄りの警察署への届出も大切です、被害にあった内容(いつ?・どこで?・どんな被害?)や証拠などをまとめて管轄の警察署に行くこと、もし1人では不安な場合は当社の相談員が同伴しますのでご相談ください。

相談者の申出に応じて、警察署長が行為者に対して「つきまとい等」を行ってはならないことを文書で「警告」することができます、行為者が警告に従わなかった場合は、各都道府県の公安委員会が「禁止命令」を行うことができます。それでも従わない場合は(1年以上の懲役または100万円以下の罰金)が課せられます。行為者へは「警告」の他に、相手に対して処罰を求め「告訴」することができます。告訴があった場合は(6か月以下の懲役または50万円以下の罰金)が課せられます。

神奈川県内の警察署一覧

ストーカー対策の料金表

調査内容 被害の現状を聞きそれにあった適切な調査を実施します
期間 1日~内容に応じて対応します
料金 ¥50.000~(1日)
案件ごとの性質(内容)が違うため、詳しくはお問い合わせください。
^