探偵調査員の適正人数

APPROPRIATE NUMBER OF PEOPLE

よく「他社で3~4名体制でと言われたのですが、料金が高くなるので2名体制で出来ないですか?」といったご質問をいただきます。実際に費用も大きく変わってくる探偵調査員の適正人数についての説明ページです。

浮気調査や素行調査は2~3名体制が多い

通常の尾行調査(浮気調査や素行調査)は2名体制で行うことが多い。これは対象者の移動手段が徒歩でも車両であっても、色々なことを想定しての平均的な人数です。

ご依頼者の中には、調査員は多い方が安心という方が多いのではないでしょうか。確かに多いほうが安心かも知れませんが、適正人数以上の調査員で調査に入っても料金が膨れ上がるばかりで、あまり意味はないのかも知れません。

2~3名以上の調査員が必要な場合

2名以上の調査員が必要な場合は、例えば開始場所(勤務先や自宅)の出入口が3カ所以上ある時や、対象者に調査がバレているまたは警戒している時は2名以上の調査員で対応した方が、成功率が高くなります。

調査員1名でも尾行調査や証拠撮りは可能

調査員1名だと対応できない探偵事務所もありますが、1名でも浮気調査や素行調査は可能です。ただし終始徒歩尾行だったり車両尾行の場合に限ります。
ただ、1名だと対応できない場合も。例えば、対象者が徒歩移動し車に乗ってしまったら、調査員は追いかける手段がなくなるので終了になることもあります。

探偵調査員の必要人数の考え方

  • 調査開始場所の周辺の環境
  • 調査開始場所の出入口の数
  • 対象者の行動

開始場所の周辺環境

開始場所によっては、狭い路地など張り込み場所がないところでは、対象者宅を挟んで張り込みすることもあります。その場合は最低でも2名は必要になります。

出入り口の数

調査開始場所(例:自宅や勤務先等)や立ち寄り先(例:ホテルや店舗等)によっては、複数個所の出入り口がある場合があります。そういった場合は基本的には出入り口の数だけ調査員が必要な場合があります。

対象者の行動

対象者によっては、徒歩で自宅を出ても移動先で車に乗る可能性もあります。そういった場合は徒歩尾行と車両手配の調査員が必要になる場合があります。

よくある質問!?

Q対象者の移動が徒歩のみです、1名でも対応できますか?
Aそはい、対応可能です。ただし1名の場合だと動きによっては対応できない場合がありますので、詳しくは一度詳しくお話をお聞かせください。
Q途中から調査員の人数を減らすことはできますか?
Aはい、可能です。例えば2名で開始し、浮気相手宅に入った場合で2名必要なくなれば、1名減らすことは可能です。
Q1名の場合のリスクを教えてください
A例えば、対象者が移動先で車に乗り込んだ場合や、立ち寄り先の出入り口が複数ある場合などは調査が継続できなくなることがあります。
Q調査を成功さすには何名体制が良いですか?
A何名体制が良いのかは、案件ごとに異なってきますので、一度詳しくお話をお伺いできれば、色々な事態に対処できる一番最善の調査方法をご提案しています(無料)
Q調査員は多いほうが良いですか?
A1名よりは2名・3名ですが、内容によってはそれ以上はあまり意味がないのかも知れません。

自分はどういった調査が良いのかなど、お気軽にご相談ください。

調査方法を相談してみる

調査員の人数についてのまとめ

基本的な考え方は、出入り口の数だけ調査員が必要な場合があることと、対象者の移動手段によって調査員の人数は変わってくることです。

調査は、色々な動きを予測して行わなければ失敗に終わる可能性がありますので、それぞれの調査内容にあった適正な調査員の人数で行うことが、結果的に最短日数で費用が抑えられることにつながります。

無料相談はこちらから

ひとりで悩まず、まずは話すだけでも大丈夫です。お気軽にどうぞ 
(24時間受付) 0120-145-007 LINEで相談メールで相談

こちらもご参照ください

お問い合わせ

365日/24時間受付

0120-145-007

365日/24時間受付