残業が増えた夫の退勤後の浮気調査で浮気が判明した事例

 状況・背景等

依頼者:女性30代半ば(横浜市在住)
対象者:男性30代半ば(夫)
こども:あり(1名)

依頼者は小学生のお子さんが一人おられる専業主婦の女性、約10年前に結婚し、去年マイホームを建てたばかりのご夫婦でした。ご主人の職場は都内にあり、電車通勤をされていました。今年に入ってから「残業で遅くなる」や「会社の付き合いで飲みに行く」などでご主人は終電で帰ってくることが増えたそうです。

過去に一度浮気されたこともあって少し心配になった依頼者は、ご主人が寝ている間にスマホをチェックしようとしたら、今までロックされていなかったスマホがロックされていたようです。そこで事実確認も含めてご主人の浮気調査のご依頼に至りました。

 実施した調査

ご主人は内勤であることから、初日のみ出勤時の容姿を確認し退社時間から調査員2名で浮気調査をスタートした。比較的終電で帰宅することが多い曜日に調査を実施した。

事実確認ということから、当社からはまずは1日だけ調査をやってみて、その結果を見てから今後調査をするかどうかなどを考えていきましょうとご提案させていただきました。

 得られた結果

  • 浮気相手の顔写真と居住先判明
  • 雰囲気のわかるツーショット写真
  • 飲食店内での会話内容

調査初日に、退社後のご主人は同僚女性と飲食店で過ごしていることが判明した。飲食店内の二人の様子や会話から男女の仲であることがわかり、相手女性の容姿や居住先も判明した。

 料金の目安

浮気しているかどうかわからなかったため、浮気相手と接触があった場合のみ成功報酬が発生する(接触がなければ0円)パックを選び、退社時間から調査員2名で6時間調査をした。

調査費 ¥50.000
成功報酬 ¥25.000
合計 ¥75.000
1時間あたり 1名6250円

こちらもご参考にしてください。

^